2006年06月11日

ワールドカップ!!

さて 世間はワールドカップだ と サッカー一色ですが


そもそも サッカーってなんですか?



ワールドカップってなに?



なぜ それらがこんなに盛り上がっているのか



教えてください
posted by M男 at 11:55| Comment(16) | TrackBack(1) | ボケましょう掲示板 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サッカーってのはスーパーで買ったものを袋に入れる人の事「sacker」

ワールドカップってのは、Aカップ、Bカップ、Cカップ、Dカップ…Wカップ!のカップの持ち主って事

つまり、ワールドカップサッカーってのはWカップの女の子が、いかに早く美しくレジ袋に商品を詰めていけるかを競う大会のことさ。
Posted by Kerberos。 at 2006年06月11日 13:27
サッカー・・・サック(=コンドームの旧称)を常用する人のこと。


ワールドカップ・・・ワンカップ○関の姉妹品ですよ。


なぜ・・・って、チンコも酒も盛り上がるものだから。




はじめまして・・・初心者なんでこのくらいで勘弁してください。すんまそん。
とても勉強になりそうなのでまた来ます。
リンク張らせて頂きました。
Posted by コーヒールンバ at 2006年06月11日 16:30
「ワールドカップ」
  

本来正しい言い方は「ワールドカッパ!」


「サッカー」は 「殺気ある人」を表す


よって

「世界の(World)  カッパが(Cup)  殺気立つ(Sakker)」


という意味です。

4年に一度繰り広げられる、カッパ達の血みどろの戦いにみんな釘付けなのです。


おもしろそうなので私も参加してみました。
(いえ、ボケましょう掲示板にです)
Posted by nの女 at 2006年06月11日 23:14
ワールドカップですか?
もちろん知ってますよ。
常識といいますか世界の祭典ですからね。
まぁワールドってのは世界ですよ。
世界中から精鋭が集まるんですね。
カップってのは杯ですよ。
王者に送られるんですね。
んで問題なのがサッカー。
これはみなさんボールを蹴る競技と勘違いされてるようですが、あれは実際はフットボールっていうんですよね。
んでこのサッカーってのは、サッカー発祥の地、古代ケッツァノーナァ語で直訳すると
「魔の門を防ぎし英雄」
って意味なんですよ。
人差し指をまっすぐにして神に祈る姿の画なんてのは皆さん小学校の歴史の教科書で見覚えがあるのではないでしょうか?
そうです。
皆さんも知っているサックーア・フタスゥルアナァール1世の名前から来ているんですね。
その世界大会ってのは、ちょうどフットボールの世界大会と同時に行なわれます。
いかに華麗に、数多く点数を入れるかという競技です。
フットボール見てる観客に。
つまり、サッカーワールドカップってのはカンチョーのお祭りです。
Posted by 肉好き男 at 2006年06月12日 00:48
みんな何を言ってるんですか!

サッカー、って言うのは
作家erって事です。
つまり、作家さんから原稿をとってくる
敏腕編集者をさす言葉なんです。


そしてワールドカップ
これも、英語だとかおもわれがちなんだけど
実は日本語なの。
「割るど!(お前のお気に入りの)カップ!!」
って言う、脅し文句なの。

だから、敏腕編集者が作家に
「カップ割るぞ!!」って脅しながら
いかにして原稿を取ってくるか、を競う大会なんです。
ちなみに最近では自前のカップを持ち込んで
作家に向かって投げつける編集者もいるとか。
そんな編集者の鞭の攻撃と
その後作家にやる気を出させる飴の使いかた。
この辺がテクの見せ所なんですよ。


ちなみに、毎回これで50人は作家を辞める人が居るとか居ないとか。

読者のみんなが待ってる、いつものあの作品。
その影には悲しい事件とか色々あるんです。
昔はあまり知られてなかったけど
最近はメジャーになったもんですよ。

わかりましたか?

(わ、我ながらくだらない。ごめんなさいよー。
Posted by まめ at 2006年06月12日 01:55
「サッカー」。
もちろんこれは、「サック」の愛用者のことですね。
それも、通常のサックではなく、イボイボ付きのスゲエやつです。
最近、これを悪用し、女性達を昇天させる輩が続出しています。
これでイッパツやられちゃった女性達は重度の依存症に陥り、もはやこれなしでのプレイを受け付けなくなってしまう、っといった社会問題が起こっています。
それを阻止せんと立ち会ったのが「ワールドカップ」。
これはもう、読んで字のごとく「国際警察」の別名ですね。
つまり、「サッカー」「ワールドカップ」とは、国際的犯罪組織と国際警察との壮絶な戦いを意味しているのです。

ああ、苦しかった。
Posted by Marcy at 2006年06月12日 10:00
追伸

すいません。
上の方で、コーヒールンバさんが、「サッカー」=「サックの常用者」ってのをお使いでしたね。

っで、私のボケを、
「国際的犯罪組織」=「サッカー」=実は「ショッカー」だった。
ってのに変えてください。(ますます苦しくなってきております。)
Posted by Marcy at 2006年06月12日 10:09
皆さんすごいっす、すげぇなぁ、よくこんなにバリエーションが・・柔軟な思考回路、ありがとう神様!


ケルベロス少佐 世界が熱狂するのも当然です、揺れるわけですね、世界が。その世界の横揺れにあわせて、我々の視線がゆれ、マトリクスの歪みを生む、と。日本代表のワールドカップ、これは見逃せませんぞ!!



コーヒールンバさん ありがとうございます!ということは、上野公園にいる、ワンカップ飲んで家を持たない高齢の風来坊たちも、この日ばかりはワールドカップを手に、「ひさしぶりに、サックでも買うか」ってなものですか。すばらしい一日です、そしてサッカー日本代表の顔が、はやくみたいです笑


nの女さん 最後の一言が特にいいですね笑。ワールドカップ、ぜひプライドがなくなった暁には、年末のK−1の対番にぶつけて欲しいものです。しかし、まさか外国にもカッパがいたとは・・新たな発見です、韓国とかは「カッパはもともと韓国でうまれた」とか言ってるんですか、やっぱり?


肉好き男さん なるほど、そのカンチョウ祭りをカモフラージュするために、表向きは、昔の受刑者が遊びでやっていたゆえに手を使えないという競技を行っているわけですね。相手チーム十一人の背後に気づかれずにまわってカンチョウをくらわすのは、並大抵のことではなさそうですが、ぶっちゃけ、ちょっとやってみたいです笑


まめさん 作家の発想は俺と同じでしたが、カップでさらに相乗効果ですね、すごくうまかったと思います。東大とかでているはずの編集者の脅し文句が、関西のドヤ街レベルの「割るどカップ」なのが最高ですね。サッカー日本代表対締め切り間近の漫画家十一人の熱きバトルに、国中が沸くのももっともです


マーシーさん そして、そのすげぇサックを取り締まる警察のなかからも、サックの横流しとかするやつがいて、キーパー(キープするもの)と呼ばれているらしいですね笑。
キーパーは手を使ってイイんだぜ、なんて、反則ですよね、手を使いたいですよ、皆


マーシーさん いや、それは無理っす笑。でも、全然別のネタとして成立してるから、大丈夫なんじゃないでしょうか
Posted by ハラキリ at 2006年06月12日 11:01
家でテレビを見ながら大声を出して、自分は下手クソなくせに選手に文句ばっかり言うイベントです。
Posted by よしだよしこ at 2006年06月12日 12:30
俺なんてさらにスケールがでかくって、選手にあきたらず監督にクビを宣告したりします
「あんなやつぁだめだだめだぁ!俺にやらせろってんだよ、なぁ」
Posted by ハラキリ at 2006年06月12日 14:37
もっと簡単に…

サッカーって、あれですよね?
タマを蹴りあうんですよね?
手は使っちゃダメ。
あくまで足で蹴れ、と。
某国では、それこそ命がけで。


ワールドカップは、世界規模でタマの蹴り合いをして、最終的に残った国が、最強のタマ蹴り国って感じじゃ?


♂としては、股間に旋律が走ります。



Posted by ロッシュ at 2006年06月12日 18:40
おぉ、なるほど、うまいなぁ・・もっと単純に、か、たしかに、うまいっす。

ワールドカップ、キーパーからいかにゴールを決めるか、が焦点となってきそうですね笑
Posted by ハラキリ at 2006年06月13日 15:48
回答その一

サッカー
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=suck&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=43258&offset=50
転じて「血を啜るもの」、つまり吸血鬼の暗示。

ワールドカップはそのまま「世界の杯」、法王庁に於いては「聖杯」の事である。
新約聖書に描かれる聖杯はキリスト処刑の際にその流れ出る血を受け止めたものであるが、これは「キリストの血を受けたものがいる」転じて、「キリストの血を受け継いだものがいる」という暗喩である。
つまり、ワールドカップとは「キリストの子孫が発見された」ということを世界中のカトリック教会に伝達する為のフットボール大会を装った暗号なのである。

キリストの直系血族が実在した場合、法皇を超える権威が信仰如何に関わらずできてしまう為に法王庁は彼らを秘密裏に抹殺する。
その為に存在する暗殺者をサッカーと呼ぶ。サッカーとは「教義の為に教祖の血を啜る背約の殺人者」の事なのである。
Posted by 神田川柳侍朗 at 2006年06月13日 19:41
回答その二

サッカー
サクマドロップの中に入っている、揮発性の辛味と清涼感のある香りが特徴的な白い飴。

ワールドカップ
上記のサッカーを缶に残したままスピリッツを注ぎ、砕けるまでシェイクしたあとソーダ水を注いだカクテル。世界中どこでも飲めると言う意味を込めてこの名が付けられた。
近年ラム酒を使ったシティスタイルが主流になりつつあるが、未だに焼酎と井戸水を使った「グレイブ・オブ・ファイヤフライ・スタイル」も一部に根強い人気を保っている。
Posted by 神田川柳侍朗 at 2006年06月13日 19:50
ワールドカップってのは実は誤植なんだよ。
ホントはねワールドカップル、世界中のカップルのことなんだよね。

で、サッカーってのはサック使い。
サックは言うまでもないくメリケンサック。

つまり、サッカーワールドカップってのは、メリケンサック使いの女性が互いのパートナーをガチでシバキ回して、どっちの男が最後まで立ってられるか…
世界中からよりすぐられた精鋭カップルが、女のパンチのキレと男の打たれ強さを競う世界大会なのだ!
Posted by Kerberos。 at 2006年06月13日 20:55
神田川さん あいかわらず、手加減なしであふれかえる知性、恐縮です。ボケの精密機械という称号をもらってください笑。
今回皆さん、やはり、サッカーという言葉の響きから、どんどん狭くなっていく選択肢をすりぬけるように構築していくタイプのボケがとても多かったように思いますね。なかなか、俺には苦しくなってできないタイプかも。と思っていたけど、もはや笑いを越えて、関心してしまいました笑。
四年に一度、血塗られた悲劇が起きることを思うと、日本中が熱狂しているのはお酒がおいしいからだな、と思います、サッカー、子供の頃おばあちゃんちにいくとよくなめさせられました



ケルベロス少佐 ベストカップル賞は、会場の支持率によってオーストラリア旅行とか当たるんですって!?
毎年死傷者がでるたび、男って悲しい生き物だなと思います・・・少佐もどうか、生きて帰ってきてくださいね
Posted by harakiri at 2006年06月14日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19117416

この記事へのトラックバック

6月期ブログ休業日のお知らせ
Excerpt: 野球中継の時間ですが、 ここで、 6月期の放送(このブログ)の休業日をお知らせします。 ●6月12日(月)および翌日 (対オーストラリア戦) ●6月18日(日)および翌日 (対ク?..
Weblog: なわない
Tracked: 2006-06-13 10:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。